就活コーチ上田浩史、採用・キャリアコンサルタント

  • LeaGLO
  • GBA
  • LeaGLOセブカレッジ
  • LR

学生の魂を揺さぶる就活コーチ「上田浩史うえだ ひろふみ

上田浩史

大阪で最も情熱的にグローバル就活支援を行う若手第一人者。

学生時代はリクルート社、キーエンス社にトップ内定するも、当時採用倍率1000倍の採用・人事コンサルティング株式会社リンクアンドモチベーションに2006年入社。述べ100社以上の企業採用コンサルティング営業、コンサルに従事し、2009年退社。

2010年、関西とアジアの架け橋になるべく、LiveAlive株式会社を創業。関西の学生たちのグローバルキャリア支援を中心に、述べ3000人以上の学生に対してキャリア・就活講演を行い、関西の学生たちの心に火をつける。
アメリカのコミュニケーション心理学を応用したOne to Oneコーチングによる少数精鋭の就活強化予備校(就職塾)GBAを設立。創立1年目から多くの優秀な就活生を輩出する。

一般的な就活支援に終わらない「人間味あるキャリアコーチング」は生徒からも圧倒的な支持を受け、学生たちから頼られる兄貴的な存在でもある。自身が夢を持ち、アジアで勝負する若手企業家であることを強みとし、フィリピン、インド・カンボジアを中心とした事業に参画している。

上田浩史のプロフィール

経歴
1983年生まれ
株式会社LeaGLO 代表取締役
LeaGLO Cebu College 代表
グローバル就活予備校 GBA代表
LANGRICH HOLDINGS PTE.LTD 執行役員

前職は東証一部上場のコンサルティングファーム
株式会社リンクアンドモチベーションに所属。

ラジオ関西にて1年半『上田浩史の就活維新』
という番組のパーソナリティとして活躍。
趣味・特技
サッカー
(高校時代は兵庫県選抜として活躍)
尊敬する人
シンガポール実業家 加藤 順彦氏
フランチャズオーナー 小池則雄氏
座右の銘
正解の道はない 選んだ道を正解にする
ペイフォワード(Pay it Forward)
人生で影響を受けた本
在り方
~人として、企業として、社会貢献としての真の「在り方」とは~
著者:大久保秀夫

君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?
著者:田村耕太郎

内定者時代

内定者時代

自身の就職活動が終わり、関西の内定者の精鋭たちと共にエレメンツという就活団体を立ち上げました。

述べ500名ほどの後輩就活生たちを支援する中で、「上田さんと出会えて、就活を成功させることができました!上田さんのおかげで自分の可能性が広がりました」など感謝・感動の言葉をいただきました。私はこの活動のなかで、人生のターニングポイントにかかわる喜びや、やりがい・生きがいを感じていました。

また、私自身も就活中に今でいう私のような就活のプロや優秀な社会人と出会い、厳しくもさまざまなアドバイスを頂いていました。
強み・弱みが明確になったことはもちろん、自信を与えてもらい、就活で結果を出せたのだと思っています。この頃から就活のプロ、優秀な社会人に憧れを抱いていたのだと思います。

リンクアンドモチベーション時代

「学生たちの情熱のなさ、面接準備の甘さに危機感を覚える」

リンクアンドモチベーション時代

リクルート、キーエンスの内定を断り、モチベーションのテーマ性と意義を感じ、日系コンサルティングファーム、人事・採用領域では圧倒的な人気のあったリンクアンドモチベーションに入社しました。
1年目、若手社員として面接官をした時に、改めて就活コーチングの必要性を感じました。コンサルティングファームということもあり、東京大学、京都大学、一橋大学、早稲田大学、慶応大学などの一流大学の学生たちが面接に来たのですが、一言でいうと「準備・情熱」が足りなさすぎると痛感しました。
自己分析では過去の深堀の浅さ、未来の目標の無さ、企業・業界分析では競合やビジネスモデル、会社の強み、弱み、そしてなぜ自身とその会社がマッチするのかが不明確でした。

就活は、人生の50%を決めるといっても過言ではありません。その就職活動において多くの学生たちが情熱に欠け、準備が万全でないことに対する危機感を持ち、大学での就職支援の限界を感じました。
「私がもっと早期から関わっていれば…」という強い思いが年々増幅し、入社から3年後、「誰もやらないなら自分がやろう!」という強い意志が固まったのです。

起業

「グローバル視点と可能性を引き上げるマンツーマン×コーチング」

人によって天職はさまざまですが、あえて私が就活コーチを定義するならば、「生きがいややりがい、心の底からみなぎる情熱をもってできる仕事」です。当時も就活支援をしている塾は少なからずありましたが、私は他社を徹底的に競合分析し、学生にとって本当に必要なことは何かを考え抜きました。

起業

その結果、就活の根源的な問題は、これから成長するアジア、グローバルの視点が全くないこと、就活塾はスキル・テクニックを教える場になっていることだと確信しました。
この現状に懸念を抱き、グローバルな視点や一人一人の可能性を引き上げるマンツーマン×コーチングを中心としたGBAを立ち上げるに至りました。

GBAに対する使命感

「グローバル視点、自己ブランディング、情熱、志を創造する 」

就職活動は人生の半分を決めるといっても過言ではないと思います。過去20年以上の自分の人生と向き合い、向こう数十年にわたる自分の将来に向き合う、人生で最も大事なターニングポイントの一つではないでしょうか。

また、はじめに出会う企業や上司によって、自分の人生のキャリアステップや年収も大きく異なります。よって就職活動は、ほぼすべての学生たちが立ち向かわなければならない大きな 壁だと言えます。

その学生たちの人生のターニングポイントに、プロとして、コーチとして関わることは非常に大きな責任とやりがいがあります。

幸せは人によって異なりますが、ヒト(学生)に関わる仕事は、感動を共に分かち合い、ヒト(学生)の大きな成長や結果を間近で感じることの出来る仕事だと確信しています。

GBAに対する使命感

私たちGBAは小手先のスキル、テクニックではなく、在り方、生き方から情熱を持って向き合います。就職活動を成功させる上では、スキルやテクニックも大切なことですが、それらはあくまで手段です。

就職活動で最も大切なことはG「Globalな視点」、B「自らのBranding」、A「Ambitious 志・情熱」だと考えます。

企業は上記のような活躍できるであろう人材のみを採用します。私は、出会うすべての学生たちに就活コーチングを通じて、この3つの必要性を感じて頂き、就職活動を通して、人生のメンターとして彼ら、彼女たちの可能性を最大限に引き出す使命があると考えております。

将来の夢

私には3つ夢があります。

1つ目はエンジェル投資家になること。
夢を抱く若者に、人脈、資金を提供し、共に夢を叶えたいと思います。

 

2つ目は家族と世界中を旅すること。
世界中の素晴らしい景色を見て、美味しいご飯を食べて、日本人という枠に捉われず「地球人」として生きたいと考えています。

そして3つ目は本を出版すること。
就活など人生の岐路で悩む若者に向けて、単なるノウハウ本ではなく、魂の込もった、私にしか書けない本を出版したいです。出版活動を通じて、ますます多くの若者のモチベーションを高め、可能性を広げたいと思っています。